'."\n";?> 視力の矯正方法

視力が回復

近視の矯正方法

近視が矯正できるなんて、私が子供の頃では考えられなかったものです。
何より、当時は、インターネットもなかったですから情報が乏しかったのもあると思います。
少しずつ目が悪くなってきても、とくに矯正するわけでもなく、支障がでてきたら、メガネを作って、授業中だけ眼鏡をかけるという感じでしたね。
近視になってくると、目を細めて物を見ようとしてしまいますが、それが乱視の原因にもなるなんて知らなかったですし。
最近の近視の矯正方法では、レーシックが身近になりましたね。手術なので、ちょっと怖いというのと、費用がかかるというのがありますが、コンタクトやメガネで不便を感じている私にとっては、それで楽になるなら試してみたいとは思いますが、なかなか費用的に難しいかなというところです。

 

コンタクトレンズによる近視の矯正方法もあるようです。
名前は忘れましたが、治療用のコンタクトレンズを装用して、角膜を正常な形状に矯正していくらしいです。これなら手術しなくていいので、良さそうと思いました。
いろいろなタイプがあるようですが、寝ている間に治療用のコンタクトをつけておいて、朝起きると、矯正された状態、視力が続くらしいのです。
ただ、気になるのが、このコンタクトでの矯正を止めた場合。ある程度(何ヶ月か)で矯正前に戻ってしまうらしいのです。
そうなると、夜コンタクトを付けて寝るのを続けないといけないということのようですね。
でも、昼に裸眼でいられるのって魅力的だなと思います。

最近メガネを一つ壊してしまった。壊したというか、フレームの真ん中で折れてしまって。昔、フレームの片方が折れたときは、何とか仕事中は、片方だけつけてしのいだけど、今回ばかりは無理だった。
上記は当サイトのリンク集です。詳しくはリンク先でお願いします。リンク先でのトラブルは責任を負えませんので、ご了承下さい。